未分類」カテゴリーアーカイブ

技術パラダイム論

Dosi, Giovanni(1982) “Technological paradigms and Technological trajectories : A suggested interpretatio … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Schumpeterにおけるイノベーションに関する二つの不連続性-技術的不連続性と遂行者的不連続性

Schumpeterは、新結合における不連続性に関して、下記のように技術の不連続性と担い手の不連続性という二つを区別すべきだとした上で,旧製品に関わっていた企業・人間が新結合の遂行者になることは原則としてない,と述べてい … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Schumpeterの「革新」的経済活動における「生産」の主導性-「生産」主導的イノベーション論

シュンペーターは、下記のように、シュムペーターは欲求充足が生産活動の基準であるとしつつも、「通常」的経済活動と異なり、「革新」的経済活動では生産の側に主導権があり、生産の側が消費者に新しい欲望(neue Bedürfni … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

science-driven innovation

デュポン(2014)「イノベーションの基礎となるデュポンの科学」 http://www.dupont.co.jp/corporate-functions/our-approach/science.html 本WEBページ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

needs概念に関する社会的主体視点からの考察

needsを歴史的=社会的諸関係を捨象した抽象的概念として理解したのでは、needs充足ということの社会的意義を理解することができない。すなわち、現実の「生産=消費」関係の中でneedsを議論する場合には、needsが何 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

イノベーションの分析視点

イノベーションの構造を分析するための視点 イノベーションの分析軸 Discovery, (Invention)Idea, Invention, Innovation idea, Innovation – アイ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

科学・技術の社会性 vs 科学活動・技術活動の社会性

科学的認識の「社会」性は、「科学的認識の本質的要素・本来的なモノであり、取り除き不可能なものであるのか?」、それとも「科学的認識の非本質的要素・偶有的なモノであり、取り除くべきものであるのか?」   普遍性を持つ認識とし … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Alexanderの議論

1.製品アーキテクチャ論の前史としてのChristopher Alexanderの主張 AlexanderはAlexander(1966), Notes on the Synthesis of Form, p.116にお … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Clark, K.B., Fujimoto, T. (1991) Product Development Performance

Clark, K.B., Fujimoto, T. (1991) Product Development Performance[藤本隆、クラーク, K. B. (2009) 『製品開発力 : 自動車産業の「組織能力」と … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

製品アーキテクチャ論関連文献

Ulrich Ulrichの著作一覧 http://www.ktulrich.com/writing.html http://www.ktulrich.com/uploads/6/1/7/1/6171812/ulrich … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする